心地良い眠りへといざなってくれるアイピローの数々

心地良い眠りへといざなってくれるアイピローの数々

目の疲労感の軽減だけじゃない!アイピローの優れた機能

今や日常生活に欠かせないアイテムとなったパソコンやスマートフォン。
キャッシュレス時代ということもあり、電車に乗るにも買い物をするにもスマートフォンがあらゆる利便性が向上させ、日常生活の質そのものが飛躍的に高まってきています。

ただし、その利便性の向上とは裏腹に様々な弊害が出ているのも事実で、「スマホがないと落ち着かない・不安を感じる」「スマホがないと何もできない」といったスマホ依存症から、

急激な視力低下や肩こり、頭痛・めまい

といったVDT症候群と呼ばれる体調不良まで、新たな課題も浮き彫りとなっています。

もちろん個人差こそありますが、スマホの小さな画面で細かな文字を見ることによって目に多大な負担が掛かったり、長時間同じ姿勢でスマホ画面を見続けることによって姿勢が悪くなったり、スマホの便利さと引き換えに、

スマホを長時間使い続けることで身体に変調を来たすケース

が増えているのです。

特に視力低下やドライアイ、肩こりや頭痛、めまい・吐き気などは、慢性的な目の疲れからくる典型的な症状のひとつ。日中は仕事でパソコン、仕事が終わればスマホといった現代の生活スタイルでは目が酷使されていることは言うまでもなく、パソコンやスマホの画面を見ないということも重要ですが

効率的に眼が休まる環境を作ってあげる

ということがとてもに重要になってきているのです。

そこで今回は、そんな現代病とも言える

「目の酷使」のケアグッズとして注目のアイピロー

をご紹介。
日本国内では、アイマスクという呼び方のほうが一般的かもしれませんが(明確にはアイピローとアイマスクは別物)、短時間でも効率的に眼を休ませることができるアイピローの優れた機能をピックアップしていきます。

激しい運動のあとに、酷使した筋肉のストレッチやマッサージをしたりアイシングをしたりするのと同じように、眼や目のまわりの筋肉も日常的に酷使しているならしっかりとケアしてあげたいところ。

視力低下などは、日常生活にも支障を来たしてしまいますので、今回は「眼を労わる」ということをテーマにアイピローの魅力をあれこれご紹介していきます。

▼目に関する人気の記事
疲れ目?かすみ目?状態別に正しいアイケアを知ろう!

冷・温・香による心身リラックスが睡眠の質を高める?!

冷・温・香による心身リラックスが睡眠の質を高める?!

皆さんもよくご存知のアイマスク。
街のドラッグストアなどでも多く販売されているので、一度は使ったことがある方も多いのではないでしょうか?

そもそもアイマスクとアイピローって何が違うの?

っという疑問が生じるかもしれませんが、一般的にアイマスクは、明るい場所などでも睡眠が取れるよう眼への光を遮断する目的で使用される「目専用マスク」。一方のアイピローは眼を暖めたり冷やしたりして眼の疲労感を軽減させたり、リラックスさせるのが目的の「目専用枕」という位置づけとなります。

つまり、一般的に市販されているホットアイマスクなどは、あくまで商品名であり、機能面で言うと厳密には「ホットアイピロー」になるのかもしれません。とは言え、これら商品においては

眼のまわりを暖めて凝った筋肉をほぐす

ということを目的としており、周辺の筋肉を温めることにで血管を広げて、酷使し続けて凝り固まった筋肉をやわらげて動きやすくするというアイテムです。

過去記事「▼眼精疲労?ストレス?寝ても取れない疲れ目の意外な原因」でもご紹介しておりますが、就寝直前までスマホを見続けるなど、目のまわりの筋肉が緊張状態にあると

眠りも浅くなりがちで寝ても疲れが取れにくくなる

という傾向もあり、眼の疲れにおいては目のまわりをアイピローで温めることで緊張が和らいでリラックス効果が高まり、睡眠の質を向上させるといった効果も期待できます。

市販のアイピローの多くは

・電子レンジで温めれば温感マスク
・冷蔵庫で冷やせば冷感マスク
・アロマオイルを垂らしてリラックス

といった使い方ができ、最近ではUSB接続対応の電熱式アイピローも手軽さから人気が高まっています。良質な睡眠という観点では、アイピローによって目のまわりを温めることで緊張状態を和らげ、副交感神経の働きを高めることがポイント。フレグランスなどを活用すれば、心地よい香りがさらなる安眠へといざなってくれるでしょう。

逆に、仕事中の眠気や目が充血してしまった時などは、冷感マスクで目のまわり冷やした方が交感神経の働きが高まって、目がシャキっとするようになります。

▼睡眠に関する人気の記事
眠れない方へ!試して欲しい「寝る前・簡単ストレッチ」

アイピローと合わせて使いたい!眠りの質向上グッズあれこれ

アイピローと合わせて使いたい!眠りの質向上グッズあれこれ

繰り返しとなりますが、アイマスクは遮光のみ、アイピローは遮光はもちろんのこと、目の疲労感軽減やリラックス目的に用いられる目専用マスクなので、基本的にはアイピロー一択で良いでしょう。就寝前に目のまわりの筋肉と緊張をほぐすことで、疲労感の軽減はもちろんのこと

眠りの質を向上させる目的

もありますので、そういう観点ではアイピローだけでなく、様々な快眠グッズを取り入れて、ご自身の就寝環境を整えてあげると良いでしょう。特に真夏や真冬などは、「暑くて寝れない・寒くて寝れない」という状態になりやすいので、下記に挙げるような快眠グッズも組み合わせると効果的です。

≪安眠枕・快眠枕≫
俗に言う安眠枕・快眠枕は、人それぞれで異なる寝姿勢に合わせて形状や硬さがマチマチですが、季節によって中身素材の異なる枕を使用したり、普段使いの枕(メインピロー)+低反発系素材の快眠枕をひとつ用意しておくのがオススメです。

▼枕で身体の痛みが軽減される?自分に合った枕を選ぼう!

≪抱き枕≫
抱き枕と聞くとぬいぐるみ風の大きな枕を想像しやすいのですが、海外の高級ホテルのベッドメイキングなどには必ず使用される「ネックロールシャム」と呼ばれる円柱状の枕で、抱き枕にしても良し、足やふくらはぎを乗せて足の疲れを取るのにも活用できます。

≪鼻腔拡張テープ≫
眠りの浅い人の多くは就寝中にいびきをかいており、就寝時無呼吸症候群であるケースも少なくありません。夫婦で寝室を共にしている場合など、相方のいびきがうるさくて眠れないといった場合にも効果的なのが鼻腔拡張テープ。街のドラッグストアなどで手軽に購入できます。

≪ひんやり敷きパッド≫
こちらは夏の夜の暑さ対策品となりますが、ベッドマットレスの上に敷く冷感敷きパッドで、接触冷感効果によって暑い夏場でもひんやりとした寝心地と快適な睡眠が得られる夏の必需品です。

≪アロマスプレー≫
枕カバーや部屋全体にお好みのアロマフレグランスを使用することでリラックス効果を高め、妨げのない入眠と快適な睡眠環境を作ります。アイピローにもアロマ効果のある製品が多数ありますので、良い香りに包まれて寝たい!という方にオススメです。

≪マスク&ネックウォーマー≫
冬場の寝室の寒さもまた快適な睡眠を妨げる要因のひとつ。特に布団から出てしまう顔や首元などの部位は冷えやすく、特に女性にとっては冬の悩みといっても過言ではありません。目元にはアイピロー、口元にはマスク、首元はネックウォーマーで完全防寒しましょう。

≪レッグウォーマー≫
こちらも冬場の就寝時の大きな悩みのポイントですが、特に女性においては足先が冷えて寝付けないという方も多いはず。そんな場合は靴下を履くのではなく、レッグウォーマーでふくらはぎ付近を温めるのがポイントです。

いかがでしたでしょうか?

ご自身ではなかなか気付きにくい「睡眠の質」。
自身ではしっかりと寝ているつもりでも、実は睡眠が浅くて疲れがちゃんと取れていないということは往々にあり、特に40代以降ともなると自然と眠りが浅くなりがちです。

日中眠気に襲われやすい、集中力ややる気が出ないという場合は睡眠の質が低い可能性を疑って、まずは生活習慣の見直し、そして睡眠の質を高めるための就寝環境の見直しを図っていくと良いでしょう!

▼睡眠に関する人気の記事
暑くて眠れない熱帯夜、快眠寝具で寝苦しい夏を乗り切ろう

健康情報もりだくさん!
リフレの公式LINEアカウント
LINE友だち追加

睡眠・眠り記事一覧に戻る
リフレの健康食品・公式コラムTOPに戻る

人気ランキング
1

【11月プレゼントキャンペーン】愛用…

スタッフブログ
2

【カレンダープレゼント】今年もオリジ…

スタッフブログ
3

どれだけ知ってる?眼の健康を保つ成分…

ヘルスケア
辛い頭痛や肩こり~実は疲れ目や眼精疲労が原因かも?
4

頭痛・肩こり・ストレス~疲れ目症状を…

ヘルスケア
5

乳酸菌は効果ナシ?生きた乳酸菌は腸ま…

ヘルスケア
カテゴリー一覧
月別アーカイプ
注目のキーワード