【#2 ホッとキュンと】ローズガーデン

【#2 ホッとキュンと】ローズガーデン

皆さまこんにちは!リフレの長谷川です。
いつもリフレのコラムサイト「Re:」をご覧いただき、ありがとうございます。

「ホッとキュンと」では、リフレがある埼玉県内のお花の名所や隠れた魅力などをスタッフ目線でご紹介します。
ぱっと鮮やかなお花たちが、ふとコラムを覗いたときの癒やしになれば幸いです。
第2回は埼玉県熊谷市のローズガーデンを訪ねました。

薔薇と木々が茂るお庭

アンティーク風の小物たちにもキュンとさせられます

薔薇と木々が茂るお庭

取材したのは2021年5月中旬。
エントランスから薔薇の甘い香りと景観に圧倒されっぱなしでしたが、南側に面したこの場所からの眺めには心を鷲掴みにされてしまいました。

アンティーク風の小物たちにもキュンとさせられます

立体的なアーチなどを効果的に使ってローズガーデンの表情が作られます

『ル・ジャルダン・サクレ』オーナーの権田眞理子さんが配色とあわせてこだわったという、バラと木の絶妙なバランス。
どこから見てもきれいに感じるよう庭造りをされたそうです。
つるバラや小花、大輪のバラたちが、見る場所によって違った表情をみせてくれます。

日本にいることを忘れさせる非日常のような空間

あちらこちらにテーブルとイスのカフェスペースが設けられていました

レンガ造りのご自宅やアイアンの立体物がバラの魅力をさらに引き立てていました。

立体的なアーチなどを効果的に使ってローズガーデンの表情が作られます

熱心に香りを嗅ぐ長谷川

「色によって香りがちがうのよ」と教えてもらうと、次から次に香りをくんくん。
本当に全く違っていてびっくり!
雨あがりだったこの日は、晴れた日よりも濃縮された香りが感じられるという幸運にも恵まれました。

深みのある赤、ぱっと鮮やかな朱など配色へのこだわりが感じられます

優しいピンク色のバラ

アプリコット色のバラはフルーティーな香り

白や黄色はフルーティーな香り、濃いピンクはスパイシーな香りなど、色によって香りも個性があるなんて不思議ですね。
20年前に280本の薔薇からスタートしたル・ジャルダン・サクレのローズガーデン。
熊谷の気候は本来バラの生育に適してはいないそうですが、独学でここまでのお庭を作り上げたというから驚きます。

上品な中間色の薔薇

個性的でダイナミックな樹形がやわらかな色のバラとマッチします

バラを見上げるのも新鮮な経験でした

バラを育てる上で一番の苦労である病気にも、環境に寄り添った最低限の薬で育てられるよう試行錯誤しながら、今では12800本のバラに増えたそう。

きれいな花を咲かせるのに欠かせないのが蜂たちの存在

庭の中央に建つかわいらしい小屋

中には秋に開催して制作されたリースや材料がディスプレイされていました

小屋の中には秋に開催するリース教室の材料などがディスプレイされていました。
春と秋では、咲く薔薇の種類やグリーンの色味が異なり、どちらも違った良さがあるそうです。

オーナーの権田さんにいろいろお話を聞きました

毎年5月中旬と10月中旬のバラのシーズンにはオープンガーデンが開催されています。

これだけのローズガーデンを手掛けるのにかける体力、気力は相当なもの。
それでも来てくれる方に感動してもらえるのが一番の励みになるとおっしゃるオーナーのお話に感銘を受けました。

●ル・ジャルダン・サクレ
住所:埼玉県熊谷市押切2409-1 ※駐車場あり(20台程度)
営業時間:(春)10:00~17:30/(秋)10:00~16:00
※詳しい開催時期などはホームページをご確認ください
電話番号:090-3201-6308

ホームページはこちら

人気ランキング
1

【#2 ホッとキュンと】ローズガーデ…

スタッフブログ
2

【#3 ホッとキュンと】花菖蒲・あじ…

スタッフブログ
3

縄跳びで記憶力UP!?今注目の若返り…

ヘルスケア
4

【脂肪や糖を抑える青汁、プレゼントキ…

スタッフブログ
5

夏バテと食欲低下を防ぐ!ビタミン・ミ…

フード・レシピ
カテゴリー一覧
月別アーカイプ
注目のキーワード