食べ過ぎは、2日でリセットできる!

こんにちは。
リフレ健康食品相談窓口の岡﨑です。

令和記念イベント盛りだくさんのゴールデンウィーク、皆様はどのようにお過ごしになりましたか。

私は恒例のバーベキューパーティーを楽しみました。
メインはもちろん、牛肉。
今回は塩コショウで軽く味付けし、大根おろしポン酢でいただきました。

大根にはジアスターゼ(でんぷん分解酵素)、プロテアーゼ(たんぱく質分解酵素)、リパーゼ(脂肪分解酵素)などが含まれていて、消化を助けます。
大根をおろすことで増える辛み成分イソチオシアネートには、消化促進と殺菌の働きがあります。
ニンニクやワサビにも入っている成分で、少し赤みが残る焼き加減でも安心して食べられます。
ポン酢と合わせると大根おろしの辛味がやわらぎ、さっぱり絶品の和風ステーキになりました。

かなり食べ過ぎてしまった私ですが、ひそかに大丈夫と思っていました。
それは4月の社内セミナーで、「食べ過ぎは3日単位で考えること」を学んだからです。
たとえ1日くらい食べ過ぎたとしても、そのあと2日間の食事を工夫すれば太らないと。

バーべキューのときは、お肉をメインに2500kcalくらいは食べたかな?
当日の朝食を合わせて、ざっと1日3000kcalくらい。

これを2日間でリセットするためのカロリーを計算します。
私のような50代身体活動レベルふつうの女性は、1日1900kcal、3日で5700kcal必要です。
(3日分5700kcal - バーべキュー3000kcal) ÷ 2日間 = 1350kcal。
これが翌日と翌々日の摂取カロリー目安です。

バーべキューの翌朝は、胃薬から始まりました。
休日なので1日2食とし、おやつと炭水化物を減らせば難なくクリアーできるカロリーです。
と言うより、胃もたれで食べる気持ちになれませんでした。
2日目も2食となり、胃にやさしい卵とじうどん、豆腐や野菜の煮物、和食でカロリーを抑えました。

食べ過ぎを2日間でリセットするポイント
①間食、おやつをやめる
②ご飯、麺、パンなど炭水化物の量を減らす
③揚げ物のような油を使った調理を避ける

そして3日目、体重は連休前と同じに戻りましたが、どうも気分がぱっとしない。
やっぱり食べる量は、程ほどがいいのかなぁ。

こうして時代は令和に変わっても、いつもと変わらないゴールデンウィーク明けを迎えました。

リフレ健康相談窓口 管理栄養士・登録販売者 NR・サプリメントアドバイザー
岡﨑登希子
人気ランキング
1

ワーキングママ必見!記憶力や思考力が…

ヘルスケア
2

肥満の原因?!慢性的な睡眠不足と生活…

ダイエット
冷え性対策1
3

手っ取り早く血行促進!オフィスででき…

ヘルスケア
4

春先から始める!美肌を維持する早目の…

ビューティー
血糖値の上昇を抑える食事の摂り方
5

血糖値の上昇を抑える食事の摂り方で太…

ダイエット
カテゴリー一覧
月別アーカイプ