夏場の台風・水害対策は大丈夫?備蓄必須な食料品・日用品あれこれ

経験者以外実感が沸かない?大雨や台風による水害・災害

みなさん、こんにちは!
今年の夏はコロナ禍による外出自粛要請も外れたこともあり、各行楽地でのレジャーやお祭りごとなど、夏ならではのイベントで盛り上がることができたのではないでしょうか。

とは言え、足元ではコロナ感染者の拡大に歯止めが掛からない状況ではありますので、予断を許さない状況に変わりはありませんが、残り少ない夏ならではの暑さと、いつまでも賑やかな夜の雰囲気を存分に楽しんでいただければと思います。

さて、夏と言えば山や海といった行楽地へのレジャーや旅行、そのほかにも数多くのイベントが各地で開催され盛り上がりを見せたところではありますが、一方で各地で起こりやすいくなるのが、

台風や大雨による洪水などの水害

特に日本は地勢柄台風の進路上にあるため、台風が引き起こす大雨に伴う洪水や土砂災害、高潮など様々な水害に見舞われやすいという特徴があります。日常生活のなかでも、例えばゲリラ豪雨によってずぶ濡れになってしまったり、大雨によって交通機関が麻痺してしまった、なんてことは経験があるかと思いますが

河川の氾濫による床上・下浸水や土石流

などは命の危険すら脅かす、夏特有の自然災害と言えます。
毎年夏のシーズンになると、日本国内どこかしらでこうした災害のニュースを目にすることになりますが、こうした水害等の多くは

実際に目の当たりに体験してみないと実感が沸かない

というのも実情で、各ご家庭でも避難所の場所の確認や簡易的な防災グッズこそ用意していたとしても、果たしてそれをスムーズに使うことができるか?災害時にちゃんと活用することができるか?という点では、自信がない人の方が多いかもしれません。

備えあれば憂いなし

と言われるように、単に避難場所の把握や防災セットを買っておくだけではなく、実際に避難行動を想定した経路を確認したり、避難場所での長期間避難を想定し、
手持ちの防災セットで事足りるのか?などを確認しておくことも大切。万が一被災した時にのためにも

水や非常食・日用品などは厚めにストックしておきたいアイテム

今回は。そんな夏に起こりやすい台風や大雨などの洪水災害にフォーカスし、万が一の被災に備えた必須の防災グッズをご紹介。備蓄しておきたい食料品・日用品はもちろん、万が一の避難生活でもストレスを極力軽減できる便利グッズなどをピックアップしていきます。

もちろん、被災しないことが何よりではありますが、大雨などの災害は避けることのできない自然の脅威ではありますので、自然災害への備えを改めて再認識して、防災・減災への在り方を今一度見直してみましょう。

▼ストレスに関する人気記事
ストレス過多で便秘?ストレスが及ぼす過敏性腸症候群(IBS)とは

避難指示に備えて揃えておきたい防災グッズ・非常食あれこれ

避難指示に備えて揃えておきたい防災グッズ・非常食あれこれ

台風や大雨によって引き起こされる自然災害の多くは、洪水による家屋の浸水であったり、電気や水道のインフラ障害、場所によっては土砂崩れや土石流による広範囲に渡る家屋の倒壊など、命の危険すらある重大な災害になりうるのです。

地震大国である日本は、水害よりどうしても地震災害の方が印象が強い傾向にありますが、命を守るという観点では

早めに避難行動を取る

というのが鉄則ではありますので、日頃から避難行動を前提とした諸々の準備をしておくことで、避難行動の精度が高まるのはもちろんのこと、避難時に必要なもの、不要なものの選定もしやすくなるというもの。

そこでこの章では、避難時に持っておきたい便利な防災グッズとオススメ非常食をいくつかご紹介いたします。学校や公民館などの避難所への避難を想定し、近年の便利な防災グッズの最先端を知っておくことで、被災時の不自由さをある程度軽減できるかもしれません。

≪最低限揃えておきたい日用品≫

・保存飲料水や非常食、保存食
持ち出し前提であれば、500mlのペットボトルを1ケース程度保存しておくのがベスト。
近年の非常食は賞味期限は10年以上というものもあり、定期的に買い替える必要がないものを選ぶと良いでしょう。

・容量の大きなモバイルバッテリー
今やスマホは生活の必需品。停電が起きるとスマホの充電もままならなくなります。
スマホがあることで家族間の安否確認が取れ、精神的な負担の軽減になります。3000mAh~3500mAh以上の容量のものがオススメです。

・携帯用簡易トイレ
特に女性の必需品となるのが非常用簡易トイレ。最近の簡易トイレは高い脱臭機能も備わっており、凝固も早いうえ後処理もしやすくなっています。1日5回の使用を想定した数を揃えておくと良いでしょう。

・体拭き用ボディシート
災害時には多くの場合で入浴が困難になり、長時間の避難所生活における大きなストレスの要因となります。特に断水などの場合は洗髪は難しいかもしれませんが、体拭き用ウェットティッシュがあると、体をある程度清潔に保つことができます。

・タオルやティッシュ
日常生活においても何かと使用頻度が高いタオルやティッシュは言うまでもなく必需品。

・マスクや消毒液ほか
コロナ禍を問わず、土砂災害発生時などには土埃などが立ち込めやすくなります。
マスクやアルコールスプレーなどの消毒液は何かと使用頻度が高いため用意しておくのがベスト。

・石鹸や歯ブラシ
洗顔や歯磨きは一定のストレス解消に役立ちます。
洗顔や歯磨き程度ならペットボトルの水でも十分足りるため、特に歯ブラシは用意しておいた方が良いでしょう。

・ブランケットや毛布
避難所の寒さをしのぐための必需品。場合によっては自治体などから配布される可能性はありますが、毛布レベルとなると容量的にかさばってしまうため、キャンプ用シェルフで代用する方法もあります。

・防寒・防雨用衣類
大雨による水害などは、しばらく雨が続いたり地面がぬかるんだりと、衣類や靴が濡れる可能性が高いため、夏場であっても防寒・防水・防滴対策用品は揃えておくと良いでしょう。

・身分証や現金
果たして現金がどの程度必要になるかは被災状況次第かもしれませんが、健康保険証などの身分証は、被災時の諸々の手続きなどがスムーズになりますので1枚は持っておくようにしましょう。

・水に浮く非常時持出用リュック
上記でご紹介した被災グッズを収納しておく非常時持出用リュック。
最近では、持出用リュック自体が浮き輪替わりになって水に浮くといった機能が備わっておりますので、こうしたアイテムに災害時の必要品を収納しておくとすぐに持ち出せて便利です。

一昔前だと、ラジオや電池、懐中電灯なども必須アイテムとなっていましたが、これらアイテムは比較的容量が大きく、重量もあるので邪魔になることも多かったのが実情。近年では、そうした部分がすべてスマホに集約されつつありますので、モバイルバッテリーのみならず、ポータブル電源などバッテリーまわりを充実させておくと良いかもしれません。

▼ストレスに関するオススメ記事
ストレス緩和や睡眠の質改善にも?乳酸菌が身体にもたらす働き

避難時の最大リスクはストレス!快適さアップの便利グッズ

避難時の最大リスクはストレス!快適さアップの便利グッズ

災害発生から1週間程度の避難生活であれば、まだ我慢しうる範囲かもしれません。
その間に、さまざまな支援環境が整えば良いのですが、やはり長時間の避難所生活となりますと

・温かい食事が取れない
・十分な睡眠が取れない
・お風呂に入れない
・避難所のプライバシー確保
・今後のことが不安

といったようなストレスとの戦いになってくる点も否めません。

そこで、避難生活におけるストレスを少しでも軽減するための、様々な便利グッズを幾つかご紹介します。最近の防災グッズは、例えば水や火がなくても温かな食事が作れたり、避難所の硬い床でも布団を敷いたような寝心地が得られる携帯用マットレスなど、便利なアイテムがたくさんあるのです。

・水や火がなくても調理可能な防災食・非常食
避難生活時に多く聞かれるストレスのひとつである食事。
さすがに簡易的な非常食では、空腹を紛らすだけで食事によるストレス解消は期待できないのが現実です。近年の非常食は、水や火がなくても発熱材などを使用して、温かなカレーや牛丼が作れたりするすぐれもの!おなか一杯とまでは言えませんが、アツアツのご飯を食べることができます。

・寝心地を改善するキャンプ用エアマット
アウトドア好きの人ならご存知の方も多いかもしれませんが、キャンプ用の空気で膨らませるマットレスで寝心地を改善することができます。もちろん未使用時は空気を抜いて、コンパクトに折りたたむことが可能!自動で空気を入れることができるインフレーターマットがオススメです。

・睡眠の質を高めるエアピロー(枕)
マットレスで快適さを向上させるなら、合わせて睡眠の質を高める枕も揃えておきたいところ。マットレスと同様に空気で膨らませるエアピローなら、コンパクトに収納できるため、持出リュックを占領することもありません。エアピローも好みに応じてたくさんの種類があります。

・避難所でのプライバシーを確保する携帯間仕切り
避難所生活でのもう一つの大きなストレスがプライバシーの問題。
プライバシーが確保されないことで、睡眠の質低下はもちろんのこと、精神的に休まらずに様々な支障を来たしてしまうことも少なくありません。そんな課題を改善すべく、折り畳み用の携帯パーテーションを持っておけば、避難所でも一定のプライバシーを確保することが可能。多少荷物にはなりますが、避難生活が長期化しそうな状況なら重宝するアイテムです。

その他にも、非難生活の質を改善する様々な便利グッズが市販されておりますが、やはり不自由さが長期化するほど

ストレスが蓄積され身体も不調を来たしやすくなる

というのが実情のようです。
被災時にはそれどころではないかと思いますが、気持ちに余裕があるときには散歩をしたり、軽く身体を動かすなどで少しでもストレスを軽減することが重要。移動式の入浴施設なども積極的に活用し、常に気持ちをリフレッシュさせるよう心掛けると良いでしょう。

▼睡眠の質に関する関連記事
心地良い眠りへといざなってくれるアイピローの数々

健康情報もりだくさん!
リフレの公式LINEアカウント
LINE友だち追加

ヘルスケア一覧に戻る
リフレの健康食品・公式コラムTOPに戻る

人気ランキング
1

【9月プレゼントキャンペーン】愛用商…

スタッフブログ
2

フレイル予防の合言葉「さあにぎやか(…

スタッフブログ
3

【8月プレゼントキャンペーン】愛用商…

スタッフブログ
4

非常食でも栄養管理!栄養バランスの取…

ヘルスケア
5

時間がない人必見!日々のストレスをリ…

ヘルスケア
カテゴリー一覧
月別アーカイプ
注目のキーワード