冬の風邪予防に!ネギや生姜を使った発汗レシピ

冬の風邪予防に!ネギや生姜を使った発汗レシピ

気をつけていてもひいてしまう風邪に効果的な対策は?

日常的に健康に気をつけている人でも避けにくいのが風邪。
秋から冬にかけては気温もグッと下がり、また空気も乾燥してくることから、風邪のウイルスが飛沫しやすいほか、喉の粘膜が乾燥して炎症を起こしやすくなることでウイルスを増殖させやすくする、というのが風邪をひくメカニズム。

マスク着用や手指消毒が日常となっている昨今のコロナ禍においては、風邪をひきにくくなったという傾向こそありますが、風邪の原因の多くは、

自身の免疫力が低下している時など

に体内に侵入しまったウイルスを退治することができなくなることで風邪の症状が起こりやすくなるのです。つまり、風邪予防においては、外出後の手洗い・うがいはもちろんおこと、疲れやストレスからの開放、規則正しい生活習慣など

体調管理による免疫力の維持

という部分も非常に大きいため、これらを総合的に行うことで風邪をひきにくい身体をキープすることができるのです。つまり、手洗い・うがいや乾燥対策はしっかりしているのに、慢性的な寝不足、不規則な生活習慣、栄養バランスの偏った食生活といった状態では、免疫力も低下しやすく、風邪を引きやすくなってしまうのです。

日常的に心掛けたい風邪予防対策としては

1、マスク着用と外出後の手指消毒・うがい
2、十分かつ良質な睡眠
3、栄養バランスの取れた食事
4、ストレス解消のための適度な運動
5、衣類による体温調整と湿度管理

などが挙げられ、これらを日常的に行うことで自然と免疫力が保たれ、風邪をひきにくい体をキープできるのです。

ただし、日常生活においては、仕事の都合で寝不足になったり、ストレスを抱えたり、偏った食事になってしまったりと、どうしても避けられないことも多くあり、一時的に免疫力が低下してしまうこともあるでしょう。そんな時こそ、免疫力アップのためのリカバリーとして知っておきたいのが

発汗を促す食材レシピ

運動による発汗が新陳代謝を促し、免疫力アップが期待できることは広く知られていますが、なかなか運動をする時間を取りにくいのも現代社会の課題。それであれば、1日3食の食事で発汗作用を高め、免疫力をキープできればそれに越したことはありません。

今回は、そんな発汗を促す食材とそれら食材を使った発汗レシピをご紹介していきます。

▼関連記事
日常から消毒習慣!アフターコロナでも続けたい病気に強い身体作り

発汗を促す食事と適度な運動で効率的に免疫力アップ!

冬の風邪予防に!ネギや生姜を使った発汗レシピ2

発汗食材や発汗レシピと聞くと、最初にイメージするのが辛い食材や料理。
火鍋や麻婆豆腐、キムチやカレーなど、唐辛子や山椒、各種スパイスを使った料理を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。これら料理は、元々寒さの厳しい地域の郷土料理で、寒い時期を乗り切るために考えられた理に適ったレシピではありますが、

激辛レシピは苦手だし作るのに一苦労

と思われる方も多いはず。

実は発汗を促す食事や食材については、こうした辛さを伴う食材だけではないといことは意外と知っているようで知らない部分も多いのです。

例えば、風邪をひいてしまった時に飲まれることの多い生姜を使ったスープ。生姜は、漢方には欠かせない生薬であり、新陳代謝の促進や体を温めて発汗を促す効果がある食材として広く知られています。

また、「ネギ」においても古くから”風邪をひいたらネギを首に巻く”と言われているほど風邪対策には効果的な食材。実際に風邪をひいた時にネギを首に巻く人は限られているかもしれませんし、首に巻く効果は立証されたものではないかもしれませんが、ネギに含まれる辛み成分アリシンには、

血行促進や高い殺菌効果・疲労回復効果

などがあり、風邪予防には効果的な食材のひとつ。
その他にも、意外と知られていない「エビ」も発汗を促す効率的な食材で、エビに含まれるアミノ酸の一種ベタインには、肝機能を高めたり動脈硬化を予防する効果があるほか、血行を促進して発汗作用を高めるジンゲロールなども多く含まれているのです。

これら発汗効果の高い食材の多くが、

体温を高めて新陳代謝を促す効果ガ高い

ということは言うまでもなく、それにプラスして適度な運動を組み合わせることで発汗効果をさらに高めることもできるのです。運動効率という観点でも、体温が高まった状態の方が発汗効率が高いことは言うまでもなく、

結果的に免疫力アップにもつながりやすい

ということが言えますので、日常生活のなかでもちょっとした工夫ひとつで運動効果を高めたり、発汗を促すことでメタボ対策にもなるということを覚えておくと良いでしょう。

▼関連記事
ウイルスから身を守るために、免疫力を高める栄養を!

激辛食材だけじゃない!ネギや生姜を使った発汗レシピ

冬の風邪予防に!ネギや生姜を使った発汗レシピ3

上述のとおり、体を中から温めて発汗を促す食材として

・ネギ・ニラ
・生姜
・唐辛子
・エビ

などがあることをご紹介しましたが、ここではそれら食材を使った発汗効率を高めるレシピについてご紹介していきます。いずれの食材も冬の味覚の定番である「鍋」との相性がとても良いので、調理が面倒な方にもオススメなレシピもピックアップいたします。

≪ネギ鍋≫
●食材
長ネギ、豚肉、豆腐、鍋用調味料

●作り方
長ネギの白い部分は1cm幅程度に斜め薄切りにし、青い部分はみじん切りにします。
豚肉はコマ切れ肉を使い、最後に大きめに切った木綿豆腐を入れれば出来上がり。とてもシンプルで簡単に作れるレシピで、お好みでニラを入れたり、市販されている様々な味の鍋用調味料を入れれば、毎日飽きずに食べることができます。

≪ネギたっぷり豚生姜焼き≫
●食材
長ネギ、豚肉、生姜、玉ねぎ

●作り方
小さなお子様でも大好きな豚生姜焼きも、ネギ多くを加えることで発汗レシピに早変わり。普通の豚しょうが焼きに斜め切りしたネギを2本分程度加えることで、ネギのシャキシャキ感とネギにしみ込んだ生姜汁の味が絶品。辛さを加えたい方は、細かく刻んだ唐辛子を加えると、さらに発汗効果が高まります。

≪エビのピリ辛キムチ鍋≫

●食材
エビ、長ネギ、ニラ、キムチ、豆腐

●作り方
体が温まる定番のキムチ鍋にエビと長ネギを加えた発汗食材のオンパレード。
お好みで豚肉や鶏肉を追加しても◎。キムチ鍋に染み出すエビの風味が絶妙な組み合わせで、卵を落としてマイルドにすれば食べやすさも増します。エビの種類は、赤エビやバナメイエビ、ブラックタイガーなどスーパーで売られているものでOKです。

いかがでしたでしょうか?
体を温める食材を普段の食事に取り入れるだけで、新陳代謝の働きが高まり、結果的に免疫力アップにつながることで風邪を未然に防ぐことにつながります。

もちろん、不規則な生活や寝不足、ストレスなど、現代社会においては避けてられない健康リスクもありますので、それらを相殺するうえでも普段の食生活にこうした発汗食材を取り入れ、免疫力アップを常に意識するよう心掛けましょう!

▼関連記事
身体にも心にも美味しい、秋の夜長のココアの魅力

健康情報もりだくさん!
リフレの公式LINEアカウント
LINE友だち追加

フード・レシピ記事一覧に戻る
リフレの健康食品・公式コラムTOPに戻る

人気ランキング
1

【4月プレゼントキャンペーン】愛用商…

スタッフブログ
2

18歳成人!サプリはどうなるの?

スタッフブログ
3

なぜ発酵食品に多く含まれるの?納豆や…

ヘルスケア
4

口臭予防・コンビニ対策!口臭ケアに一…

ヘルスケア
よく聞く乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の働きの違いについて1
5

よく聞く乳酸菌やビフィズス菌などの善…

ヘルスケア
カテゴリー一覧
月別アーカイプ
注目のキーワード