梅雨時期のベタベタ肌の正しいお手入れと心掛けたい食習慣

梅雨時期のベタベタ肌の正しいお手入れと心掛けたい食習慣

湿度の高い時期のイヤなベタベタ肌とテカリ顔

高温多湿である日本の夏は、湿度が高く体がベタベタしやすいのが特徴。言うまでもなく、顔もテカリがちで化粧崩れに悩む女性も多いことでしょう。

暑さで汗をかくものの、湿度が高く乾かない

というのが日本の夏であり、特に梅雨入り以降の雨の日においては、相対的に気温も湿度も高いため、体はもちろん、顔なども油分によってテカリやすくなります。男性はこまめに顔を拭くことができますが、女性においてはその都度化粧を落とすわけにもいきませんので、あぶらとり紙などで余計な油分を取っているのが実情です。ただ、

そもそもどうして顔だけ脂が浮いてくるの?

という部分は、あまり知られていない傾向にあり、単に顔の水分不足であったり、脂性であったり、体質という言葉で片付けられているかもしれませんが、実はそれ以外にも、食生活や生活習慣などの様々な要因があるのです。

今回の記事では、このベタベタ肌やテカリ顔にスポットを当て、そのテカリ顔の原因や対策についてご紹介していきます。

ベタベタ肌やテカリ顔といった俗に言うオイリー肌・脂性は、体質的に皮脂の分泌が多い側面もあれば、肌の水分不足やストレス、食生活やホルモンバランスなど、様々な要因が影響してきます。もちろん、ニキビなどの肌トラブルの原因にもなりますし、

加齢に伴う毛穴開きや黒ずみ

といったトラブルも、オイリー肌・脂性肌の方に起きやすい傾向にあります。

体質的に致し方ない・・・と諦めるまえに、しっかりと自分の症状にあった正しいケア方法や生活習慣を心がけ、日々のオイリー肌対策を早めに取るようにしましょう!

実は2種類ある!オイリー肌の様々な原因

まずはじめに、オイリー肌のタイプについてみていきましょう。
オイリー肌や脂性については、特に顔のベタツキやすさで判断することが多い傾向にありますが、その状況においては

皮脂の分泌が過剰になっている状態

であり、皮脂の分泌を行う皮脂腺は頭部に集中しています。

額は鼻などはテカリの代表的な部位ですが、実は皮脂腺が一番多いのは頭皮で、テカリこそ目立ちませんが、皮脂によって汚れやすく、トラブルも多い箇所の1つ。その他、胸や背中なども皮脂腺は多いため、ベタベタしやすい傾向にあります。

皮脂自体は、肌のうるおいを維持するバリア機能を持っており、体内で生成される保湿クリーム的な役割を果たしますが、皮脂の分泌が過剰になっているオイリー肌においては

・もともと肌の水分も脂分も多い脂性肌
・うるおい不足によるインナードライ肌(乾燥性脂性)

の2つのタイプがあり、後者においては混合肌とも言われます。

それぞれのタイプオイリー肌における主な原因においては、

≪脂性肌≫
・体質・肌質的な問題
・脂っこい食事が多い
・ホルモンバランス

≪乾燥性脂性肌≫
・洗顔やケアのしすぎ
・紫外線による肌のダメージ
・睡眠不足などの体調不良
・ストレスによる血流悪化

などが挙げられ、それぞれで対策が異なることは言うまでもありません。

皮脂の分泌を促すのは、男性ホルモンのテストステロン、女性ホルモンのプロゲステロンと言われており、これらホルモンバランスの乱れによって脂性肌になったり、間違ったスキンケアにより肌が刺激されて皮脂分泌が過剰になったりと、その要因は様々です。

自らの脂性タイプを判断するのは難しいのですが、

頬や口元は乾燥しているのにTゾーンだけがテカる

というのは混合肌の特徴のひとつで、多くは女性はそれであることが多い傾向にあります。女性の場合は、ベースメークの乗りや化粧水などのなじみ方などで、肌の状態を把握できるかもしれませんが、乾燥性脂性肌は体調に左右されやすいということも覚えておく必要があります。

▼関連記事
見た目年齢を取り戻す!ほうれい線とマリオネットラインのケア方法

40代以降は外側のケア以上に内側ケアが重要!

40代以降は外側のケア以上に内側ケアが重要!

上記のとおり、脂性肌においては体質的な部分もありますが、特に留意したい点は日ごろの食生活や生活習慣で、お肉の脂身やバターなどの脂質が多い食品を控えたり、不規則な生活やストレスなどもホルモンバランスを乱して、皮脂の過剰分泌の原因となります。

脂性肌におけるスキンケアにおいては、オイリー肌だからといって何度も洗顔したり、洗顔ペーパーや拭き取りタイプのクレンジングなどを使用すると、

肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい

余計に皮脂が分泌されてしまうので、拭く前以上にテカってしまうことも珍しくありません。乾燥性脂性肌と同じく、肌の水分が不足するとそのぶん肌を守るために皮脂が分泌されてしまうので、

オイリー肌だからといって保湿を控えるようなケアはNG

最低限、化粧水と保湿クリームなどで毎日しっかりとケアすることを心掛けましょう。

また、乾燥性脂性肌においても日々のスキンケアのほか、ホルモンバランスを整えるべくストレスフリーの生活、バランスの取れた食事、質の良い睡眠など、基本的には脂性肌と同じ。女性においては生理などの兼ね合いもありますが、

心身ともにベストな体調を維持すること

が、ベタベタ肌やテカリ顔を抑える要因となります。
混合肌の方の顔のテカリは、Tゾーンこそテカリやすくても、頬や口元などは乾燥しやすいため、化粧水などで部分的にうるおいを補給するなどの工夫が必要。特に夏場は、強い紫外線や屋内の冷房などで肌は常にダメージにさらされますので、定期的にオイリーな箇所と乾燥する箇所のケアを心掛けると良いでしょう。

特にTゾーンなど皮脂の分泌が多い箇所は、

皮脂汚れや毛穴の黒ずみ、毛穴の開きなどの原因

になりやすく、代謝能力が衰える40代以降は皮脂の分泌も衰えてきますが、一方で肌のターオーバーサイクルも加齢に伴い遅くなってくるため、酸化した皮脂汚れが蓄積され、肌の黒ずみやくすみが目立ちやすくなってきます。

オイリー肌の対策は

1、必要以上の過度な洗顔を避ける
2、保湿重視の肌に合ったスキンケア
3、脂質の多い食事を控える
4、ストレス解消とホルモンバランスの調節
5、良質な睡眠による肌のターンオーバー促進

これらを心がけ、いつまでも若々しい年齢を感じさせない肌をキープするようにしましょう!

▼関連記事
お手入れ以上に重要!潤い肌を保つ睡眠・栄養・ストレス解消

ビューティー記事一覧に戻る
リフレの健康食品・公式コラムTOPに戻る

人気ランキング
1

【女優】国生さゆりさんと…!ローズド…

スタッフブログ
眼精疲労?ストレス?寝ても取れない疲れ目の意外な原因
2

眼精疲労?ストレス?寝ても取れない疲…

ヘルスケア
3

アベノミクスから始まり、勢いに乗る機…

スタッフブログ
夫の存在を考えるだけでイライラ・妻のメンタル状態と身体への影響1
4

夫の存在を考えるだけでイライラ・妻の…

ヘルスケア
パートナーのいびきで眠れない!いびきを止める簡単な方法1
5

パートナーのいびきで眠れない!いびき…

ヘルスケア
カテゴリー一覧
月別アーカイプ