無添加化粧品って体に優しい?無添加の正しい知識を身につけよう!

意外と知らない?!無添加化粧品の定義と成分

体への害がない、人体への影響が少ないといったイメージが強い「無添加」。
食品や調味料のほか、シャンプーや化粧品といった日用品まで、あらゆるジャンルの無添加商品が世に出回っているのは、皆さんもご承知のとおりです。

無添加って農薬とか化学薬品とか使われてない商品でしょ?

といったように、漠然としたイメージはあるかもしれませんが、その明確な定義についてはあまり知られていないのも事実。

もちろん、どのような条件で生産されたものに限り「無添加」という名称を使って良いとか、どのような成分が含まれていなければ「無添加」をうたえる、といった諸々の条件が製品ごとに定められており、特に人々が口にする食品については明確な定義がなされています。

そして、食品と同じく体への影響が気になるのが化粧品。

ひと昔前、美白効果をうたった薬用化粧品を使用した人に白斑症状が出てしまった問題がありましたように、化粧品と言えど毎日体につけるものである以上、ある程度含まれる成分や体への影響を意識することが重要。そんななかでイメージ的に選ばれやすいのが、

やはり無添加化粧品・自然派化粧品なのです。

ナチュラルコスメなどと言われることもありますが、特に肌が敏感な方や中高年以降は、肌への負担なども考慮して、無添加やオーガニックと言われるコスメを選ぶことが多いと思いますが、実は化粧品・コスメにおける無添加化粧品には

明確な定義が定められていない!

のが現状。

2001年3月までは、旧表示指定成分と言われる石油系合成界面活性剤や防腐剤(パラベン)など、人体への影響が大きい103種類の成分が含まれていないものを無添加化粧品と定義していましたが、2001年4月からは薬機法(旧薬事法)が改正され

全ての化粧品に含まれる全成分の表示が義務化

されたことによって、103種の旧表示指定成分の定義は廃止。
現在市販されている無添加化粧品においては、化粧品メーカーが「個々に指定している成分を含んでない」というだけで、無添加化粧品をうたっている状況。

無添加だから安心・化学成分が全く含まれていないは誤解

で、化粧品の外箱または容器に表示されている成分を一つひとつ見ながら、自身で含有成分をチェックしなければならないというのが実情ではあります。

そこで今回は、そんな無添加化粧品にフォーカスし、無添加化粧品における正しい知識と体への影響、どんな人にオススメなのかなどをご紹介。表示指定成分が定義されていたのももう20年以上も昔の話で、無添加化粧品と思って使い続けたものが、

実は肌に負担の大きな化学成分が含まれていた

なんていうケースも珍しくありませんので、しっかりと無添加に対する知識を身につけておく必要があるのです。化粧品に限らず、シャンプーや洗顔石鹸なども含め、今一度配合成分を確認するきっかけにすると良いでしょう。

▼関連記事
豊かな表情を保っていますか?顔のコリをほぐす年齢肌と小じわ対策

どんな人にオススメ?無添加化粧品のメリット・デメリット

上記でもご紹介したように、現在の化粧品は全成分表示になっておりますが、実際に表示されている成分をみても、例えば下記のように同じ防腐剤でも

防腐剤:イメージ悪い
フェノキシエタノール:意味分からない

といったように化学成分名を見ても、一般人にとって

それが肌に悪影響を及ぼすかどうかを判断するのは難しい

ことは言うまでもありません。

上記でもお伝えしたとおり、無添加だから肌に優しいと過信するのはナンセンス。
小難しく訳の分からない成分が、どういう成分なのか?その成分がどのような役割があるのか?などを知ることが大切です。巷で話題・人気のナチュラルコスメだからといって、自身の肌質に合うとは限りませんので、その辺を前提に無添加化粧品の成分をチェックする必要があるのです。

・今使っている化粧品が肌に合わない
・肌がピリピリしたり、かゆみが生じる
・肌荒れがひどく化粧乗りが悪い など

無添加化粧品への切り替えを考える方の多くは、今お使いの化粧品との相性の悪さが原因かと思います。その他、敏感肌の方や40~50代以降で肌への負担を軽減したい方などにも無添加化粧品は人気です。無添加化粧品は、このような肌の悩みをお持ちの方はもちろんのこと、

シミやくすみなど肌老化を早める原因とみられる化学添加物を排除する

という点で、特に肌の悩みがない方にもオススメで、肌のハリ・ツヤのある若いうちから使用することで肌への負担・ストレスを軽減し、肌老化を抑制することにもつながるのです。また、無添加化粧品に肌との相性に左右する化ないため、

肌に合わないという可能性が低い

という点も特徴のひとつかもしれません。

一方、無添加化粧品のデメリットとしては

・防腐剤などを使用していないので使用期限が短い
・体感レベルでの使用効果が得られにくい
・香料による原料臭の抑制やリラックス効果が得られない

などが挙げられます。

特に使用期限が短いという点については、開封と同時に空気に触れることで酸化が始まり、一般的な化粧品においてはパラベンなどの防腐剤によって、酸化による雑菌の増加を防ぎ品質を安定させていますが、無添加化粧品の多くは防腐剤を使用していないため、製品の痛みが早いという点は留意しておくようにしましょう。

▼関連記事
美容の大敵「毛穴の開き」をケアする生活習慣と毛穴ケア

肌へのストレス軽減!40~50代からの無添加化粧品の選び方

これらのように、無添加化粧品においてはシミやくすみの原因となる肌ストレスを軽減するほか、化学成分による肌への負担を軽減し、ナチュラル感をキープするというという点では、中高年以降の女性にたくさんのメリットがあります。

もちろん、無添加化粧品だけで肌の老化を抑制できる訳ではなく、

老け顔や年齢肌対策には食生活や生活習慣の改善

が何より重要。

過去記事「▼私だけ老けてる?老け顔の特徴とハリ肌対策」でもご紹介しているように、シワやたるみといった老け顔をコスメで解決しようとするのは筋違いで、特に短期的に使用効果が感じられにくい無添加化粧品の場合、

効果がないので使うのをやめてしまう

ということも少なくありません。

無添加化粧品に限ったことではありませんが、特に化粧水や乳液、クリームといった基礎化粧品は、肌の保湿や状態を整えるのが目的の化粧品であり、老け顔を改善・解消するものではないという点は承知のとおり。無添加化粧品への期待感が高すぎるほど、

思ったより効果がないと感じやすくなる

点には注意したいところで、肌に異常を感じない限りは少なくとも1ヶ月間は使い続けてみる必要があります。

特に中高年以降の年齢肌においては、基礎化粧品による毎日の保湿対策が重要で、ブースター美容液から化粧水、保湿クリーム、美容液など、それぞれの役割ごとに使い分けることがポイント。ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの天然成分が配合されたものを選ぶのが良いでしょう。

いかがでしたでしょうか?

毎日使う化粧品だからこそ、自身の肌と相性の良いものを使い続けたいと思うもの。
無添加やオーガニックという言葉に惑わされることなく、それぞれの化粧品に配合される成分までしっかり見極められるようになることで、思わぬ肌トラブルを回避できるようになるでしょう!

▼関連記事
お手入れ以上に重要!潤い肌を保つ睡眠・栄養・ストレス解消

健康情報もりだくさん!
リフレの公式LINEアカウント
LINE友だち追加

ビューティー記事一覧に戻る
リフレの健康食品・公式コラムTOPに戻る

人気ランキング
1

【11月プレゼントキャンペーン】愛用…

スタッフブログ
2

【カレンダープレゼント】今年もオリジ…

スタッフブログ
3

どれだけ知ってる?眼の健康を保つ成分…

ヘルスケア
辛い頭痛や肩こり~実は疲れ目や眼精疲労が原因かも?
4

頭痛・肩こり・ストレス~疲れ目症状を…

ヘルスケア
5

乳酸菌は効果ナシ?生きた乳酸菌は腸ま…

ヘルスケア
カテゴリー一覧
月別アーカイプ
注目のキーワード