いたたたたたっ…真夏の夜のこむら返り!

暑中お見舞い申し上げます。
リフレ健康食品相談窓口の岡﨑です。

皆様は最近、夜中に足がつって眠れなかった、ということはありませんか。

足がつることを、こむら返りといいます。
「こむら」とはふくらはぎのことで、ふくらはぎだけでなく足の裏や指、太腿などの筋肉が異常に収縮して痙攣(けいれん)を起こしている状態がこむら返りです。
痛くて、寝てなんていられませんよね。

今回は夏に起きやすいこむら返りの原因と対策について考えてみました。

①水分やミネラルが不足している
夏は暑いので汗をかきますが、その汗で身体の水分やミネラルが流れ出てしまいます。
筋肉の細胞はナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルバランスが崩れると収縮し、こむら返りが起きます。

お勧めは、寝る前にコップ1杯の牛乳を飲むことです。
水分やミネラルの補給ができる上に、カルシウムが神経の興奮を抑えて眠りやすくします。
また乳タンパクが睡眠中の身体を修復して元気にしてくれます。

②下半身が冷えてしまう
夜間にクーラーを付けて寝ていると、足が冷えて血流が悪くなり、こむら返りが起きやすくなります。

対策として、パジャマの下を長ズボンにしたり、ゆるめの靴下を履いたりして、寝具から足が出ても冷えない工夫をしましょう。
また1日中クーラーの中にいる人も、身体が冷え切って血流が悪くなって足がつりやすくなりますので、シャワーよりも身体が温まる入浴をお勧めします。

③運動し過ぎでも運動不足でも、あ、足が!
運動し過ぎはもちろん、長時間の立ち仕事やヒールの高いサンダルを履いた夜にも、筋肉が疲労してこむら返りが起きることがあります。
反対に運動不足でも筋肉の柔軟性が低下して、寝返りを打っただけでも足がつってしまうことがあります。

このタイプのこむら返りは、寝る前にストレッチをすることで予防できます。
ふくらはぎやアキレス腱をしっかり伸ばして、筋肉のこわばりをほぐし、血流を促しましょう。
運動不足の人はストレッチにスクワットも加えると、さらにグッドです。

④それでも夜中にこむら返りが起きてしまったら…
起きた位置がふくらはぎであれば、座って膝を伸ばして足の指を手前に引っ張ります。
むこうずねであれば、同じように座って、足の甲からすねの筋肉をゆっくり伸ばしましょう。
そのあとは優しくマッサージをすると治まってきます。

痙攣が治まらなかったり痛みが残る場合は、ローションタイプの外用消炎鎮痛剤を塗ると数分で治まります。
実は私のベッドのサイドテーブルにもローション剤が置いてあります。

こむら返りの予防や起きたときの飲み薬として、漢方の芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)がよく使われます。
リフレで販売している八味地黄丸にも下肢痛・しびれの効能があり、丸薬で飲みやすいのでお勧めです。

どうしても加齢によって起きやすくなるこむら返りですが、いろいろな対策をしても繰り返すようでしたら、何か病気が隠れていることもありますので、医療期間を受診してください。

リフレ健康相談窓口 管理栄養士・登録販売者 NR・サプリメントアドバイザー
岡﨑登希子

▼関連記事
足がつる・足の裏が痛い、運動時の足トラブルは○○不足?

スタッフブログ記事一覧に戻る
リフレの健康食品・公式コラムTOPに戻る

人気ランキング
眼精疲労?ストレス?寝ても取れない疲れ目の意外な原因
1

眼精疲労?ストレス?寝ても取れない疲…

ヘルスケア
もはや現代病とも言える慢性的な睡眠不足
2

睡眠不足が招く仕事のパフォーマンス低…

ヘルスケア
3

痩せたいけどアルコールはやめられない…

ダイエット
4

【8月プレゼントキャンペーン】愛用商…

スタッフブログ
5

いたたたたたっ…真夏の夜のこむら返り…

スタッフブログ
カテゴリー一覧
月別アーカイプ
注目のキーワード