非常食でも栄養管理!栄養バランスの取れたオススメ非常食

避難生活での困ることランキング上位を占める「食事」

周辺諸国にくらべ、洪水や地震などの自然災害が多い日本。
どの地域に住もうが、自然災害とは切っても切れないのが日本の特徴でもあります。それゆえに、こうした自然災害に対する備えや知識が豊富であることも言えますが、やはり避難生活を余儀なくされるような災害には見舞われたくないというのが本音かもしれません。

昨今の防災意識においては、東日本大震災などの影響もあってか、どのご家庭でも防災グッズや飲料水・非常食などを備蓄するなど、それなりに意識は高まりつつありますが、実際に災害に見舞われ避難所生活を強いられないと、

どのようなことで不自由さを感じるのか想像もつかない

というのが実情。
実際に被災して避難所生活を余儀なくされた方の多くは、それなりに防災グッズや非常食などを準備していたものの、避難所生活での困ることランキングでは、

睡眠・トイレ・食事

というのが常に上位を占めており、避難生活中における食事に対する満足度が低いことが伺えます。

もちろん、避難生活中は普段の生活で食べているような温かな手作り料理という訳にはいきませんので、被災初期は備蓄していた非常食で凌がなければならない訳ですが、準備している非常食の多くが

簡易的で味気ない即席食品ばかり

だと空腹感は紛らすことができるかもしれませんが、避難生活に必要な栄養素はもちろん、食事を取ることによる満足度やストレス発散なども得ることができません。非常食の代名詞であるカンパンや缶詰は、今でも被災時の保存食として有用ではありますが、今の時代

非常食にも美味しさや栄養バランスそして満足度

が求められるようになり、その種類も多様化しつつあるのです。

そこで今回は、そんな多様化しつつある非常食のなかでも「栄養バランスを考慮したオススメの非常食にフォーカス」し、避難生活中でも必要な栄養が取れ、かつストレス解消にもつながる最新の非常食をご紹介いたします。

各ご家庭で備蓄している非常食を再確認して、現在用意している非常食だけで避難中の食生活に困らないか、必要な栄養がちゃんと摂れるかを今一度確認してみるようにしましょう!

▼防災グッズ・非常食に関するオススメ記事
夏場の台風・水害対策は大丈夫?備蓄必須な食料品・日用品あれこれ

準備しているのに困る背景~非常食に対する意識と質の変化

準備しているのに困る背景~非常食に対する意識と質の変化

冒頭でもお伝えしたように、非常食に対するイメージを聞くと多くの方が

・カンパン
・缶詰
・ビスケット
・インスタント麺

などを挙げられることが多いと思います。

これはこれで、現代においても有用な非常食ではありますが、さすがに毎日カップ麺や缶詰だけで生活するのは、空腹感は紛れてもストレスが溜まる一方。もちろん、栄養も偏って便通の調子が悪くなったり、身体のさまざまな部分で不調を来たすリスクが高まってしまうかもしれません。

そうした背景を踏まえ、現代の非常食には

主食・主菜・副菜

となりうる様々な非常食が販売されており、さらには水だけで調理できるものもあれば、お湯を使うことができれば温かな食事も取れるといった優れた機能を持つものも多いのです。避難生活での食事に対する困り事の多くは、

食事がマズい・温かいものが食べたい

といったように、避難中は食事の量ではなく質を高めることが大切で、特に真冬での避難生活においては、寒さという点からも

栄養バランスの取れた温かな食事

が必須と言っても過言ではありません。
冬の避難所生活をカンパンとカップ麺だけで凌げるか?と想像するだけで音を上げてしまいそうですが、そうした日本での被災経験が活かされ、昨今ではこうした悩みや困り事を少しでも解消すべく、

ごはん・おかず・デザートまで

非常食で用意されているのです。

避難所での困り事で挙げられる「睡眠・トイレ・食事」の多くは、防災グッズで最低限の備蓄はしているものの、それではその場を凌ぐ程度にしかならず、

避難生活が長期化することで徐々にストレスが蓄積されていく

というケースが多いので、睡眠環境にせよトイレにせよ、そして食事の面でも最新の技術とアイデア商品を積極的に取り入れるという意識を持つことが大切。

「非常食=カンパン」の考え方は古い

という意識を持って、準備する防災グッズや非常食を一度見直してみると良いでしょう。

▼防災グッズ・非常食に関する人気記事
栄養成分表示を理解して効率的な体重管理を心掛けよう

非常時に不足しがちな栄養素~栄養バランス重視のオススメ非常食

非常時に不足しがちな栄養素~栄養バランス重視のオススメ非常食

さて、いざ避難所生活を余儀なくされたと仮定した場合、被災初期の段階では準備してきた非常食での食生活を強いられるケースが多い傾向にありますが、避難所生活と言えど、生活するうえでの必要な栄養は普段と変わりませんので、必然的に不足しがちな栄養素が生じやすくなります。

特に非難生活中は想像以上に過酷な日々となり、消費するカロリーも普段より多くなるケースも少なくありません。さらに、精神的なショックや心労・ストレスなどによって食欲が低下しやすい傾向にありますので、やはり

エネルギーの源となるゴハンなどの主食

はしっかりと摂っておきたいところ。

昨今の非常食では、アルファ米と呼ばれる炊飯後に急乾燥させた加工米の商品が多く販売されており、白米から雑炊、ドライカレーやチャーハンなども水だけで調理することが可能。小さなお子様でも好き嫌いがなく食べれるうえ、長期保存もできる優れた非常食の代表と言えます。

次に不足しがちな栄養素と言えば野菜等の主菜。
避難所では、加熱などの調理が行えなかったり、冷蔵保存ができなかったりするので

野菜・肉・魚などの生鮮食品からの栄養素が不足するのは必然

三大栄養素である炭水化物・たんぱく質・脂質のうち、たんぱく質や脂質は主菜・副菜から摂るため、こうした栄養素をまかなえる非常食も豊富に取り揃えれられているのです。また、栄養素という観点以外でも、避難所生活経験者の多くが「野菜が食べたい」と言うことが多いことからも、

食物繊維やビタミン・ミネラルが不足気味

となることが多い傾向。
そんな避難中の食生活に対応しているのが、乾燥野菜や非常用レトルトおかずで、保存期間こそ1~5年とやや短めではありますが、野菜たっぷりスープや根菜ご飯など、野菜をたっぷりと使った非常食が充実しているのです。

また、たんぱく質や脂質の源となるお肉や魚に関しても、ハンガーグやさばの味噌煮、いわしの煮付けなど、さまざまな非常用レトルト食品が充実しています。特に小さなお子様がいる場合などは、子供ならではの好き嫌いがあり、

食べられる非常食が限られてしまう傾向

にありますが、多くの子供が好きなハンバーグや肉じゃがなども非常食に取り入れることで、栄養バランスが偏ることなく、また食事が充実することによるストレス解消にもつながりやすくなるでしょう。

いかがでしたでしょうか?

避難所生活中は、特にごはんや麺類などの炭水化物が中心の食事に偏りがちですが、主菜・副菜をまかなう非常食があること、そして備蓄しておくことで被災初期の食事の質を向上させることができるでしょう。

ついでに、非常用デザート(お菓子等)も多数販売されていますので、スイーツ好きの方に限らず、ストレス解消のためにもぜひ準備しておくと良いでしょう。

▼防災グッズ・非常食に関する関連記事
疲れを癒すチョコレートの栄養!

健康情報もりだくさん!
リフレの公式LINEアカウント
LINE友だち追加

ヘルスケア一覧に戻る
リフレの健康食品・公式コラムTOPに戻る

人気ランキング
1

【9月プレゼントキャンペーン】愛用商…

スタッフブログ
2

フレイル予防の合言葉「さあにぎやか(…

スタッフブログ
3

【8月プレゼントキャンペーン】愛用商…

スタッフブログ
4

非常食でも栄養管理!栄養バランスの取…

ヘルスケア
5

時間がない人必見!日々のストレスをリ…

ヘルスケア
カテゴリー一覧
月別アーカイプ
注目のキーワード