夏の終わり、紫外線ダメージを回復させるメンテ方法

夏の終わり、紫外線ダメージを回復させるメンテ方法

日焼け止めだけでは防げない?!夏の紫外線による肌ダメージ

ギラギラ照り付けるような日差しも少なくなってきた夏の終わり。一年で最も紫外線量の多い季節が終わったと一息ついたところ、気になってくるのが肌のトラブル。

・乾燥やごわつき
・肌のくすみ
・毛穴の開き

など、このような肌トラブルに困っていませんか?これらのトラブルは、紫外線を浴びることにより皮膚のバリア機能がダメージを受けている証拠だったりします。

このバリア機能というのは、肌の水分蒸発や微生物の侵入を防ぎ、刺激を和らげるなどの役割があるものの、紫外線が肌に当たることで、皮脂が酸化し、過酸化脂質という物質へと変化させます。すると、表皮の細胞はダメージを受け、くすみなどの症状を引き起こし、さらに、コラーゲンの性質を変化させて、肌のハリやツヤを失わせてしまうのです。

つまり、紫外線が肌に当たることで、皮膚のバリア機能の働きが弱くなると

水分蒸発を防げずに乾燥肌になり、
シミ・シワ・たるみ・くすみなど肌の老化を促す

ということです。

そのため、紫外線は肌にとって強敵であり、日焼け以前に強い紫外線に当たることが良くないということなのです。

夏の紫外線対策として、日傘や帽子、日焼け止めクリームなどは使っていると思いますが、どれだけ気をつけていても完全に防ぐことはできません。特に紫外線のうち、

UVAは肌の奥深くまで到達して、シワやたるみの原因
UVBは肌の炎症を引き起こし、色素細胞を刺激してシミやそばかすの原因

となってしまいますので、肌の調子が悪くなっていると感じるなら、夏の肌ダメージを回復すべきお手入れを行いましょう。今回は、そんな夏の紫外線による肌トラブルを回復するメンテナンス方法についてご紹介します。

▼関連記事
美容の大敵「毛穴の開き」をケアする生活習慣と毛穴ケア

アフターサンケアを怠ることで生じるさまざまな肌トラブルを知ろう

アフターサンケアを怠ることで生じるさまざまな肌トラブルを知ろう

日焼けをしてしまったら…その後が大切!一番危険なのは、アフターケアをしないで放っておくということです。まずは、このアフターケアをしないことで、どのような肌トラブルが発生してしまうか、見てみましょう。

1、乾燥
紫外線によって皮膚のバリア機能が弱まることにより、肌の中でキープされていた水分が蒸発し、乾燥肌となってしまいます。

2、シワ、たるみ
紫外線は、肌のハリやうるおいを守るコラーゲンの線維を切断する分解酵素を作ります。そのため、紫外線を浴び続けることにより、コラーゲンの線維は切断され、肌を支えきれなくなり、シワやたるみを引き起こします。

2、シミ
通常、紫外線を浴びると肌の細胞を守ろうとしてメラニンが生み出され、ターンオーバーによりメラニンが排出され、元の肌に戻るのですが、紫外線を過剰に浴びることにより、必要以上のメラニンを生み出し続けて、ターンオーバーが乱れがちになります。ターンオーバーが乱れると、メラニンを排出できずに停滞してしまい、色素沈着を起こすことにより、シミとなってしまいます。

3、赤み、発疹
日焼けをすることで、赤みを伴うことがありますが、その炎症が長引いてしまったり、紫外線によって酸化した皮脂が、毛穴を刺激して吹き出物ができてしまったりします。元々あった吹き出物などの発疹も、紫外線によって炎症が進み、症状が悪化してしまうこともあります。

このようにアフターケアを行わないと、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。日焼けをした後には、必ずアフターケアをしっかり行い、お肌のダメージを軽減させておきましょう。

《日焼け後のお手入れ方法》
・日焼け止めやファンデーション、汗などをしっかりと取り除き、洗顔をする
・化粧水、保湿クリームやオイルでしっかり保湿
・血行を良くするマッサージでターンオーバーを促す
・ビタミンC やコラーゲンを含むサプリメントで、美白成分を補給する

▼関連記事
夕方に目立つ小じわはどうすべき?その原因と対策方法

外側はもちろん内側からもケアする!紫外線ダメージの回復テクニック

外側はもちろん内側からもケアする!紫外線ダメージの回復テクニック

なお、どんなに高価な化粧水などを使ってアフターケアをしても、きちんと栄養が摂れていないと肌は改善していきません。ですので、日々の食事で栄養価の高い物を取り入れ、からだの内側からメンテナンスすることが大切です。

では、特に紫外線対策に欠かせない栄養素はどのようなものなのか、ご紹介します。

・ビタミンA:肌のうるおい・ハリを保つ
皮膚や粘膜を保護し、肌にうるおいをキープ!
にんじん、モロヘイヤ、ブロッコリー、トマトなどに多く含まれます。

・ビタミンC:シミやそばかすを防ぐ
メラニン色素の生成を抑え、かつコラーゲンの生成を助けるので、肌の弾力をキープ!
加熱に弱いので、生で食べられるものの方がおすすめ。体内にとどめられる量が決まっているので、こまめに摂取すると良いです。いちご、キウイ、レモン、アセロラなどに多く含まれます。

・ビタミンE:血行改善、老化を防ぐ
老化の原因となる活性酸素の発生を防ぎます。油を使って調理することでカラダへの吸収率が高まります。さらに、ビタミンCと一緒に取ることでさらに効果がUPします。ナッツ類、アボカド、うなぎなどに多く含まれ、特にアーモンドは肌にもダイエットにも良い食材なので、おやつに食べると◎!

そして、特に食事に取り入れると良いのが…リコピン!

抗酸化作用が高く、シミやくすみを含む、様々な紫外線ダメージを防いでくれます。トマト、スイカなど、特に夏には食べやすい食材に多く含まれているので、積極的に食事に取り入れると良いでしょう。

さらにもう一つ、飲み物でもサンアフターケアをすることができます。それは、カテキンを多く含む緑茶。カテキンには抗酸化作用があり、紫外線ダメージから肌を守ってくれます。緑茶の他には、リンゴやそらまめ、ブドウ、チョコレートにも多く含まれています。

いかがでしたでしょうか?
身近な食材で夏の紫外線ダメージを回復してくれます。普段よく口にするものに、少し取り入れるだけでも違ってきますので、ぜひお試しください。
まだまだ紫外線の強い日が続きますので、紫外線対策をしつつ、アフターケアも入念に行い、お肌の調子を整えましょう!

▼関連記事
やっぱりビタミンC?!万能の美容ビタミンで美肌・美髪をキープ

健康情報もりだくさん!
リフレの公式LINEアカウント
LINE友だち追加

ビューティー記事一覧に戻る
リフレの健康食品・公式コラムTOPに戻る

人気ランキング
1

ワクチン接種のとき、サプリは摂ってい…

スタッフブログ
2

【#4 ホッとキュンと】古代蓮

スタッフブログ
ダイエット中の飲酒は禁物?!お酒とカロリーの関係性
3

ダイエット中の飲酒は禁物?!お酒とカ…

ダイエット
4

腸内環境は大丈夫?悪玉菌を増やさない…

ヘルスケア
5

【#2 ホッとキュンと】ローズガーデ…

スタッフブログ
カテゴリー一覧
月別アーカイプ
注目のキーワード